strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2009年10月31日

shade用スクリプト一覧

shade用の自作スクリプト一覧です。
形状作成・編集の効率化にお役立てください。
shade10.5〜15用(一部shade11と14で不具合が出る場合があります)
(最近shade14,15にアップし、ゆっくりですが各スクリプトを動作検証中です。)

「使用によって何らかの不具合が発生した場合も当方は責を負えません。」という事はご理解よろしくお願いいたします。
もし動作に明らかな不具合があったらshadeプラグイン・スクリプト検索CGIの掲示板へご連絡いただけたら幸いです。

スクリプト実行時や結果のキャンセル時に、マスターサーフェイス設定が消し飛ぶ現象について (2012年6月11日追加)


<重要>shade15でポリゴン系の加工スクリプトを使用する場合の注意点

<重要その2>shade14と15では、「一括ベルト抜き」スクリプトが正常に動作しませんので、使用しないでください。


shade10.5〜15用(WINDOWS&MAC)
テキストファイル(txt)で配布してますので、shadeのスクリプトウインドウにコピペしてpythonファイルとして保存するか、あるいはメモ帳などでpythonファイル(py)として保存してからshadeのインストールフォルダ内の「script」フォルダに入れると、次回の起動からshadeのメニューバーの「スクリプト」に追加されます。
(メモ帳を使ってpythonファイルを作成する際の注意点はwebなどで調べてください。)

スクリプトウインドウにコピペする前は、一度スクリプトウインドウ内のテキストを全て削除してからペーストしてください。

<shade11での動作について>
shade11を所有していないので、こちらで動作するかどうかは確認できてません。
11用のスクリプトリファレンスを見るに11でも動作するようですが、実際に個々のスクリプトがshade11でも正常に動作するかどうかはご自身でテストして確認してください。

参考:
shade11体験版で動作確認してみた

どうもレンダリング関係のスクリプトだけはshade11で目立つ不具合が出ているようです。

<shade12での動作について>
それぞれのスクリプトの最新版では特に不具合はありません。
詳しくは以下をご覧ください。

shade12で動作確認してみた

<shade13での動作について>
それぞれのスクリプトの最新版では特に不具合はありません。
shadeは13.22以後のバージョンをお使いください。




最近の追加・修正履歴

2017.02.16 P74 ポリゴンメッシュ用スクリプト「選択頂点の等間隔配置」を追加しました。
2016.11.12 P73 ポリゴンメッシュ用スクリプト「ウェイト値のミラーコピー」を追加しました。
2015.12.02 P29 メッシュツールプラスウィジェットの14・15用が正常に起動しないバグを修正しました。
2015.11.25 O8 その他用スクリプト「選択パートの中心を球の位置へ移動」を追加しました。
2015.11.24 P71 ポリゴンメッシュ用スクリプト「平面形状を円筒化」に、「円の半径にあわせる」オプションを追加しました。
2015.11.04 P72 ポリゴンメッシュ用スクリプト「選択辺のn番目絞り込み」を追加しました。
2015.07.17 レンダリング系スクリプトR9 「リフレクションシェーダー」を追加しました。
2014.12.25 P29 ポリゴンメッシュ用ウィジェット「メッシュツールプラス」に、shade14でも動作するバージョンを追加しました。
2014.11.03 P71 ポリゴンメッシュ用スクリプト「平面形状を円筒化」に、「角度」と「正面に向ける」オプションを追加しました。
2014.10.06 P71 ポリゴンメッシュ用スクリプト「平面形状を円筒化」を追加しました。
2013.05.30 O7 その他スクリプト「本棚作成支援」を追加しました。
2013.01.30 P70「選択頂点群が中心に来るよう移動」のプログラムミスで正常な位置に移動しない不具合を修正しました。
2013.01.23 shade13.22の仕様にあわせて、多くのスクリプト・ウィジェットを修正しました。詳しくは、shade13.22用に不具合を修正したスクリプト一覧 をご覧ください。
2013.01.04 ポリゴンメッシュ用スクリプトP70「選択頂点群が中心に来るよう移動」を追加しました。
2012.04.15 ポリゴンメッシュ用スクリプトP69「選択面の拡張EX」スクリプトを追加しました。
2012.03.30 P29「メッシュツールプラス」スクリプトに収録していたスクリプトでshade13使用時に結果が更新されない不具合を修正しました。P29以外のスクリプトもshade13で使用した際に正常に動作するよう全て修正しました。
2012.03.28 P29「メッシュツールプラス」スクリプトにshade13用を追加しました。(処理を実行時に画面が正常に更新されない場合があります)
2012.02.10 ポリゴンメッシュ系スクリプト P68「選択面ごとに拡大縮小」を追加しました。
2012.02.05 <その他>にO6「相対コピー」スクリプトを追加しました。
2011.12.10 shade12.1でスクリプト実行時に結果が更新されないスクリプトを修正しました。(「指定の頂点数の面を選択」、「厚みをつける」、「指定数で分割」、「指定位置で分割」、「極周辺で分割」、「ループ稜線の丸めとベベル」、「シンプル稜線の丸めとベベル」、「コーナーポイントの丸めとベベル」、「カゴ作成支援スクリプト」、「片面削除後ミラーコピー」、「ポイント移動と面の複製」)
meshtoolpulsウィジェットに収録していた上記スクリプト群も不具合修正版に変更しました。
2011.09.22 ポリゴンメッシュ用スクリプト「ベンドツール」を追加しました。P29「meshtoolplus」ウィジェットにも同スクリプトを追加しました。
2011.09.21 R6「グラデーションシェーダー」、R7「グラデーションシェーダーforbasic」で、パラメーター出力で「明度の持ち上げ量」と「光沢に乗算する色」のデータが出力されていない不具合を修正しました。
2011.09.19午後10時半 shade12.03対応版R2「ベルベットシェーダー」、R6「グラデーションシェーダー」で、レンダリングサイズとスクリプトのテストレンダリングサイズが異なる場合に結果が違ってしまう不具合を修正しました。
2011.09.19 R2「ベルベットシェーダー」、R4「反射グレア」、R6「グラデーションシェーダー」のshade12.03対応版を追加しました。
2011.09.12 O3「パスジョイント複製」をshade12.03で使うと結果がきちんと表示されない事があるバグを修正しました。
2011.09.04 ポリゴンメッシュ用スクリプト「選択辺から辺を引き出す」を追加しました。
2011.04.12〜13 shade12.02で不具合が発生したスクリプト・ウィジェットを全て修正しました(ただしレンダリング関係のスクリプトはshade12側のバグが残ったままなので修正できず)

2011.04.08 shade12.02でスクリプトが返すパスの値変更によりP29:「メッシュツールプラス」ウィジェットが正常に動作しなくなった不具合に対応しました。
2011.03.09 P53 「ポイント移動と面の複製」で、複製回数を指定できるように改良しました。
2011.01.30 ポリゴンメッシュ用スクリプト「選択頂点の座標を0に」を追加しました
2011.01.14 その他に「格子作成」スクリプトを追加しました。
2010.12.29 shade12で使用すると不具合が出た「選択辺の隣接面を選択」「エッジバウンダリー選択」「選択辺を線形状に沿って押し出し」「指定数で分割」「表面材質を残してマージ」「指定位置で分割」「ループ稜線の丸めとベベル」「シンプル稜線の丸めとベベル」「極周辺で分割」「コーナーポイントの丸めとベベル」「厚みをつける」のプログラムを修正してshade10、12両方で正常に動作するよう変更しました。メッシュツールプラスウィジェットの方も修正版に変更
2010.12.28 「ポイント移動と面の複製」スクリプトをshade12で使用すると処理に時間がかかってしまう不具合を修正しました。
2010.12.27 「片面削除後ミラーコピー」スクリプトをshade12で使用すると処理に時間がかかってしまう不具合を修正しました。
2010.12.26 「ポリラインペンツール」スクリプトをshade12で使用すると、複数の頂点選択時に選択が解除されるまでに妙な待ち時間が発生する不具合を修正しました。
2010.12.25 「外形面選択」「指定の頂点数の面を選択」スクリプトで、確定前の表示がshade12ではおかしくなる不具合を修正しました。メッシュツールプラス収録の同スクリプトも修正版に変更
2010.12.18 「厚みをつける」スクリプトで法線方向に厚みをつける場合、角の丸めがONの形状では結果が不正になってしまうのを修正しました。メッシュツールプラスウィジェット収録版の方も修正しました。
2010.12.18 ポリゴンメッシュ用スクリプト「選択面にポリゴンメッシュを移植」スクリプトを追加しました。
2010.12.12 その他に「スケッチモデラー補助スクリプト」を追加しました。
2010.11.28 「ループ稜線の丸めとベベル」「シンプル稜線の丸めとベベル」で、丸めやベベルを行う辺の隣接面が5点以上の頂点で構成される場合、結果が不正になる(ねじれる)不具合を修正しました。「メッシュツールプラス」ウィジェットに収録の同スクリプトも修正。
2010.11.27 「プログレッシブレンダリング」スクリプトで、編集モードに入ってる状態でこのスクリプトを実行すると、選択形状しかレンダリングされないバグを解消しました。
2010.11.23 ポリゴンメッシュ用スクリプト「選択の絞り込み」「一括ベルト抜き」を追加しました。「メッシュツールプラス」ウィジェットにも同スクリプトを収録しました。
2010.11.21午後10時 「選択辺を分割」スクリプトに「選択辺の長さで移動量を変化」オプションを追加しました。
2010.11.21 「選択辺を分割」スクリプトに「法線方向に押し出す」オプションを追加。アルゴリズム見直しで若干高速化。一部箇所で穴があきにくいようにしました。「メッシュツールプラス」ウィジェット収録の同スクリプトも最新版に変更しました。
2010.11.20 ポリゴンメッシュ用スクリプト「選択頂点を法線方向へ移動」で、「角の丸め(サブディビジョンサーフェイス)」をOFFにしなくても正常に動作するよう修正しました。「メッシュツールプラス」に収録した同スクリプトも修正版に変更。
2010.11.19 ポリゴンメッシュ用スクリプト「スムージング」を追加、「メッシュツールプラス」ウィジェットにも同スクリプトを追加しました。
2010.11.10 ポリゴンメッシュ用スクリプト「表情のミラーコピー」を追加、「メッシュツールプラス」ウィジェットにも同スクリプトを追加しました。「ブレンドターゲットの作成」スクリプトはターゲット数が増えた場合に画面内におさまるようダイアログデザインを変更しました。
2010.11.10 「片面削除後ミラーコピー」で正常に動作してるものの、プログラム内に記述ミスがあったので一応修正しました。
2010.11.09 ポリゴンメッシュ用スクリプト「ブレンドターゲットの作成」を追加、「メッシュツールプラス」ウィジェットにも同スクリプトを追加しました。
2010.11.02 「レンダリング画像のコピーと復帰」スクリプトで、一部のバージョンのshadeでは、レンダリングを途中で止めると縦横1ピクセルずつ解像度が増えるバグがあり、そのバグによる解像度のずれでレンダリング画像が復帰できない問題に対してスクリプト側で回避するようにしました。
2010.11.01 「プログレッシブレンダリング」スクリプトを追加しました。
2010.10.26 「グラデーションシェーダー」に「光沢はレイヤー2の画像を使う」オプションを追加しました。
2010.10.24 「リング単位で拡大縮小」ツールに座標固定オプションを追加。「面張りと削除」で面を張ったのか削除したのかダイアログで表示するようにしました。
2010.10.23 「グラデーションシェーダーfor basic」を追加しました。
2010.10.23 「グラデーションシェーダー」スクリプトの「入力」タイプに「視線との角度x元画像の明度」を追加しました。
2010.10.19 「グラデーションシェーダー」スクリプトに「元画像の明度の持ち上げ量」オプションを追加しました。
2010.10.19 レンダリング画像編集系スクリプト「グラデーションシェーダー」スクリプトを追加しました。
2010.10.13 線形状用スクリプト「線形状の繰り返しコピー」スクリプトを追加しました。
2010.10.12 ポリゴンメッシュ用スクリプト「リング単位で拡大縮小」スクリプトを追加しました。メッシュツールプラスウィジェットにも同スクリプトを追加しました。
2010.10.11 ポリゴンメッシュ用スクリプト、p18「選択辺を線形状に沿って押し出し」でスケーリングオプションをONにすると特定の条件で結果が不正になってしまう不具合を修正しました。メッシュツールプラスウィジェットの方に収録した同スクリプトも不具合修正版に差し替えました。
2010.10.09 ポリゴンメッシュ編集用スクリプト「選択の拡張(貫通)」を追加しました。メッシュツールプラスウィジェットにもこのスクリプトを追加しました。
2010.10.07 ポリゴンメッシュ編集用スクリプト「うずまきツール」を追加しました。メッシュツールプラスウィジェットにもこのスクリプトを追加しました。
2010.10.02 ポリゴンメッシュ編集用スクリプト「選択の拡張(回転)」を追加しました。メッシュツールプラスウィジェットにもこのスクリプトを追加しました。
2010.09.26 ポリゴンメッシュ編集用スクリプト「選択の拡張(シフト)」を追加しました。メッシュツールプラスウィジェットにもこのスクリプトを追加しました。
2010.07.04 「カーソルのクリック位置を変更」スクリプトに、「選択頂点の平均座標へ移動」と「選択頂点を囲むバウンディングボックスの中心へ移動」を追加しました。「メッシュツールプラス」内の同スクリプトも最新版に更新しました。
2010.07.02 線形状用スクリプト「階段の元」を追加しました。
2010.06.25 「パスジョイント複製」に「複製ごとに回転する」オプションを追加しました。
2010.06.24 自由曲面用スクリプト「蛇腹作成支援スクリプト」を追加しました。
2010.06.12 「自由曲面をまとめる」スクリプトを追加しました。
2010.06.11 「パスジョイント複製」が動作しない場合があるのを修正しました。
2010.06.08 線形状用スクリプト「ハンドルの長さや角度変更」を追加しました。

これ以前の更新履歴については こちらをご覧ください。




<形状が破壊されてしまう重篤なバグについて> 2010年3月3日掲載
上位パートに変換がかかっており、かつ一時ローカル座標モードか、ろくろモード(通常のローカル座標モード除く)時に下記のスクリプトを実行すると、ほとんどのスクリプトで「処理をキャンセルした際」に形状の位置がずれたり形がゆがむという不具合が発生しております。

shadeの仕様なのかバグなのか、上位パートに変換がかかっている形状を一時ローカル座標モードかろくろモードでコピー・ペーストすると、本来なら同位置に同形状がペーストされるはずが、異なる位置・ゆがんだ形でペーストされるため、上記不具合が発生しているようです。

不具合の発生するスクリプトには全て「上位パートに変換がかかっていると動作しない」という風に変更しますので、それまでは下記のスクリプトはいずれも必ず一時ローカル座標モードやろくろモードでは使用しないでください。

この仕様で不具合が発生すると思われるスクリプト一覧はこちらに掲載しております。

*不具合の発生するであろうスクリプトは全て修正版をアップロードしました。

修正版では上位パートに変換がかかっているとスクリプトが動作しないようになってます。
「上位パートに変換がかかっているので」みたいなダイアログが表示される場合は、お手数ですが編集対象の形状をブラウザでルートパートの直下などに移動してからスクリプトを実行してください。



○完成済み○
<ポリゴンモデリング系>
ポリゴンモデリング系のスクリプトはP19の「ポリラインペンツール」とP38の「選択ラインを瞬間表示」、P39の「片面削除後ミラーコピー」、P53「ポイント移動と面の複製」、P64「選択面にポリゴンメッシュを移植」、P65「選択頂点の座標を0に」、P66「選択辺から辺を引き出す」、P68「選択面ごとに拡大縮小」、P69「選択面の拡張EX」、P70「選択頂点群が中心に来るよう移動」、P71「平面形状を円筒化」、P72「選択辺のn番目絞り込み」以外は、P29の「メッシュツールプラス」ウィジェットにまとめて収録してあります。

P1:二頂点間にエッジを張る2010.03.03修正
 二頂点を選択してからスクリプトを実行するとエッジが張られます。

P2:ターゲットウェルド2010.03.03修正
 頂点Aを選択し、SHIFTキーを押しながら頂点Bを選択しスクリプトを実行すると頂点Bの座標が頂点Aの位置へ移動されかつマージされます。

P3:頂点のディゾルブ(辺を残す)2010.03.03修正
 二本のエッジとつながっている頂点にのみ作用。頂点を削除すると同時に前後のポイントを接続します。ポリラインの頂点の整理にご利用ください。

P4:ベルト抜き(面を残して辺を一括消去)2013.01.23修正
 選択している辺に隣接する面同士を融合します。ループ状にエッジを選択してる状態で実行するとエッジを抜く事ができます。

P5:選択辺の隣接面を選択2010.12.29更新
 選択している辺に隣接している面が選択状態となります。

P6:エッジループ選択2010.01.30更新
 選択している辺の前後方向に選択を広げます。他ソフトのループ選択ツールみたいなもの。

P7:選択範囲の拡大2010.01.31更新
 選択している要素(頂点、辺、面)の隣の要素を選択に追加していきます。

P8:選択範囲の縮小2010.01.31更新
 選択している要素の外周部の要素を選択から除外していきます。

P9:選択ポイントを球の表面へ移動2013.01.23修正
 ブラウザで弟階層(すぐ下)にある球の表面上へ選択しているポイントを移動します。 

P10:マルチリンク2013.01.23修正
 複数の頂点間にエッジを一気に張るツール。
 現在は「開始点と総接合」「選択順に対接合」「座標値で対接合」「選択順に連続接合」「ダブルループ接合」の5モードを搭載。
 「開始点と総接合」は、一番最初に選択した頂点と、残りの頂点群が一気に接合されます。
 「選択順に対接合」は、SHIFTキーを押しながら頂点を矩形選択やクリック選択で一つずつ順に選択追加してからスクリプトを実行すると、1個目と2個目、3個目と4個目、5個目と6個目……という風に選択順にペアを作り、それらの対を一瞬で接合する機能です。
 「座標値で対接合」は、選択順ではなく座標値でペアを作り一気に接合するやつです。X座標、Y座標、Z座標のいずれを指標とするか選択します。
 「選択順に連続接合」は、1個目と2個目が、2個目と3個目が、3個目と4個目が……という感じで連続してエッジが一気に張られます。
 「ダブルループ接合」は、文字のみで説明するのが難しいのでリンク先の図つきの解説を読んでください。

P11:マルチターゲットウェルド2013.01.23修正
 マルチリンクが「頂点間にエッジを張る」のに対して、こっちは「頂点をもう片方の頂点へ移動してマージする」という風になっています。
 現在は「選択順に対ウェルド」「開始点へ総ウェルド」「座標値で対ウェルド」「ダブルループウェルド」の4モードを搭載。
 「選択順に対ウェルド」は、SHIFTキーを押しながら頂点を矩形選択やクリック選択で一つずつ順に選択追加してからスクリプトを実行すると、1個目の頂点の座標へ2個目の頂点が移動されマージ、3個目の座標へ4個目が、5個目の座標へと6個目が……という風に選択順にペアを作り、各ペア毎にターゲットウェルド処理が行われます。
 「開始点へ総ウェルド」は、一番最初に選択した頂点の座標へ、残りの頂点群が一気に移動されマージされます。
 「座標値で対ウェルド」は、選択順ではなく座標値でペアを作りペア毎に移動とマージ処理するやつです。X座標、Y座標、Z座標のいずれを指標とするか選択します。
 「ダブルループウェルド」は、これも文字では説明が難しいので、リンク先の説明をご覧ください。

P12:エッジパラレル選択2010.01.30更新
選択している辺と隣接する面の対岸の辺をどんどん選択に追加していきます。
他ソフトのパラレル選択(リング選択)ツールみたいなもの。

P13:重複辺の検出・選択2013.01.23修正
エラー検知用。重複辺を検出して、重複辺のみ選択状態にしてくれます。

P14:エッジバウンダリー選択2010.12.29追加
縁にある辺を一気に選択してくれるスクリプトです。

P15:選択頂点を法線方向へ移動2013.01.23修正
ポリゴンメッシュで選択している頂点を法線方向に移動する事ができます。UV画像を設定していれば、テクスチャ情報にしたがって移動量を制御でき、ディスプレイスメントマッピングのような事も(モデリングベースで)できます。

P16:選択辺を分割2013.01.23修正
選択している辺に中点を作成して二分割します。同じ隣接面を持っている辺の中点同士にはエッジが張られます。エッジパラレル選択ツールでパラレル状に選択した状態で実行すると、二分割できると。

P17:選択辺を線形状に変換2009.11.12修正
ポリゴンメッシュ上の辺を1本の連なる線状に選択してる状態でこのスクリプトを実行すると、その線とそっくりの線形状が作られます。

P18:選択辺を線形状に沿って押し出し2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの稜線の一部を掃引パスにそって押し出しできます。

P19:ポリライン ペンツール2010.12.26修正
既存のポリゴンメッシュにポリラインを素早く追加できます。また、新規にポリラインを描く際にも、開いた線形状を変換する必要もなくいきなりポリラインの描画を開始できます。

P20:指定数で分割2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの交差方向を指定数で分割できます。

P21:表面材質を残してマージ2010.12.29修正
二つのポリゴンメッシュを、片方の表面材質情報やUV情報を残したままマージできます。

P22:指定位置で分割2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの交差方向を指定位置で分割できます。

P23:線形状をポリラインに変換&マージ2013.01.23修正
線形状あるいは円をポリライン化(あるいはポリゴンメッシュ化)して真上のポリゴンメッシュとマージするスクリプトです。

P24:選択頂点の中心に円球を作成2013.01.23修正
指定のサイズで円あるいは球を作成。円および球の中心位置は選択している頂点群の中心座標となります。

P25:ループ稜線の丸めとベベル2013.01.23修正
ポリゴンメッシュでひとつながりの状態でループ選択できる稜線に丸めやベベルを行えるスクリプトです。

P26:シンプル稜線の丸めとベベル2013.01.23修正
ポリゴンメッシュでループ選択処理後にひとつながりとはならない稜線に丸めやベベルを行えるスクリプトです。
(おまけスクリプト「穴をふさぐ」付)

P27:極周辺で分割2013.01.23修正
極(何本もの辺が集まっている頂点)まわりの辺を指定数で分割したり指定位置で分割できるスクリプトです。

P28:コーナーポイントの丸めとベベル 2013.01.23修正
ポリゴンメッシュのポリライン上の角やポリゴン上の角となる箇所を丸めたり角の切り落とし(ベベル)ができるスクリプトです。


P29:メッシュツールプラス2015.12.02更新
「ポリラインペンツール」と「選択ラインを瞬間表示」「片面削除後ミラーコピー」「ポイント移動と面の複製」「選択面にポリゴンメッシュを移植」「選択頂点の座標を0に」「選択辺から辺を引き出す」「選択面ごとに拡大縮小」「選択面の拡張EX」以外のポリゴンメッシュ系のスクリプトをまとめたウィジェットです。
画面上にウィジェットを常時表示しておき、各スクリプトを即座に実行できるようになります。

P30:ステップ選択2013.01.23修正
辺や面のループ選択ツール(辺の場合はパラレル選択)の一種で、指定した間隔(ステップ)でループ選択処理が行えます。

P31:内包面の検出2013.01.23更新
ポリゴンメッシュ内部にできてしまった不正な内包面を検出して選択状態にします。

P32:一点収束閉じ2010.01.26追加
選択している面を1点で収束して閉じます。

P33:二頂点間の距離を表示 2010.01.26追加
ポリゴンメッシュの頂点を二個選択して実行すると距離とX座標差、Y座標差、Z座標差をメッセージウインドウに表示します。

P34:厚みをつける2013.01.23修正
平面状のポリゴンメッシュを指定した量でふくらまします。

P35:ソフトムーブ2013.01.23修正
選択した頂点の移動にあわせてまわりの頂点が滑らかに追随する機能です。

P36:マニピュレーターの位置を変更2010.01.28追加
ポリゴンメッシュ編集時限定ですが、マニピュレーターの位置を特定の頂点や辺の中心、面の中心へ移動させる事ができます。特定の頂点などを基点としてマニピュレーターで回転や拡大ができるようになります。

P37:エッジ一括選択ツール 2013.01.23追加
複数の辺を選択状態で実行すると、それぞれの辺でエッジループ選択やエッジパラレル選択を行って一括して選択を拡張します。

P38:選択ラインを瞬間表示 2010.03.03修正
ポリゴンメッシュ上の特定のラインをあらかじめ記憶しておけば、頂点編集中にワンボタンでそのラインをハイライト表示できるようになります。辺が入り組んでいるポリゴンメッシュでも特定のラインだけを瞬時にハイライト表示でき、真上や真横・真正面からの形(断面)を見ながら頂点の位置を調整できるようになります。
(「選択頂点(辺、面)の記憶」と復帰もおまけであり。)

P39:片面削除後ミラーコピー 2013.01.23修正
リンク機能が使えないbasicユーザーさん向けに、左右対称形状をモデリングする際に便利なスクリプトです。standardやprofessionalユーザーさんでも、角の丸めをONにした左右対称形状を作る際に役に立つかもしれません。

P40:集合点の分解 2013.01.23修正
角の丸め(サブディビジョンサーフェイス)をONにしたポリゴンメッシュで角のようにとがった部分が頂点マージで丸くならないようにするためのスクリプトです。

P41:ビトウィーン選択 2013.01.23修正
一番最後から二番目に選択に追加された要素(頂点、辺、面)と、一番最後に選択に追加された要素を結ぶように選択を拡張します。

P42:面張りと削除 2013.01.23更新
shade標準の「face」ツールと同じように頂点を選択して実行するとそこに面が張れますが、faceツールと違ってこちらはポリラインは破壊されません。

P43:稜線のオフセットとコピー 2013.01.23修正
辺をループ状に選択し実行すると、選択していた元の辺の形から一定の厚みで縮小や拡大できたり、辺を新たに内周(あるいは外周)に追加するスクリプトです。

P44:指定位置を中心にスケーリング 2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの頂点を選択状態で実行すると、「指定座標」「カーソルのクリック位置」「最初に選択した頂点」「最後に選択に追加した頂点」「選択頂点の平均座標」「選択頂点を囲むバウンディングボックスの中心」のいずれかを中心に拡大縮小できます。

P45:カゴ作成支援スクリプト 2013.01.23修正
カゴのような形状を作る時に多少は役に立つかもしれないスクリプトです。

P46:ツイストツール 2013.01.23修正
standard以上に搭載されているツイスト変形と異なり、ポリゴンメッシュの選択頂点だけをツイスト変形できるスクリプトです。

P47:ガイドラインスケーリング 2013.01.23修正
ガイドラインに従ってポリゴンメッシュの選択頂点をスケーリング変形できるスクリプトです。

P48:ガイドラインムーブ 2013.01.23修正
ガイドラインに従ってポリゴンメッシュの選択頂点を移動変形できるスクリプトです。

P49:ガイドラインへフィット 2013.01.23修正
選択頂点をガイドラインへフィットするように軸方向に移動します。

P50:外形面選択 2013.01.23更新
選択している面のまわりの面だけを選択状態にします。

P51:指定の頂点数の面を選択 2013.01.23更新  
頂点数を指定すると、指定した頂点数で構成される面だけを選択状態にしたり、現在の選択に追加したり、選択から除外できます。
面選択モードで面を一つ以上選択してる場合、「最後に選択に追加した面」と同じ頂点数の面を選択状態にしたり、選択に追加したり、選択から除外できます。

P52:センタリング 2013.01.23修正  
ポリゴンメッシュを囲むバウンディングボックスの中心がX軸、Y軸、Z軸と重なるようにオブジェクトを移動します。

P53:ポイント移動と面の複製 2013.01.23修正 
開始点と目標点を記憶すれば、その相対座標分選択頂点を移動したり、選択頂点に囲まれた面を複製移動したりできます。

P54:選択の拡張(シフト) 2013.01.23修正  
ポリゴンメッシュで現在選択している要素(頂点、辺、面)を元に、特殊な方法で選択を拡張します。

P55:選択の拡張(回転) 2013.01.23修正  
ポリゴンメッシュの頂点(あるいは辺、面)の選択状態を、点対称風に拡張するスクリプトです

P56:うずまきツール 2013.01.23修正  
ポリゴンメッシュの選択頂点を指定位置を中心に回転しますが、中心位置から離れた頂点ほど回転の量が落ちていきます。

P57:選択の拡張(貫通) 2013.01.23修正  
現在選択している頂点(辺、面)と、同じXZ座標(あるいはYZ座標、XY座標)にある頂点(辺、面)を選択に追加します。

P58:リング単位で拡大縮小 2013.01.23更新
ポリゴンメッシュで辺をループ状(リング)に選択してる状態で実行すると、リングの大きさを変える事ができます。複数のリングが同時に存在する場合は、各リングは各々のリングの中心を拡大縮小の中心位置として、スケーリングします。

P59:ブレンドターゲットの作成 2011.04.12修正
ポリゴンメッシュの部位(例えば目、口など)ごとに動かした表情を合成して、新しい表情を簡単に作り出せるスクリプトです。

P60:表情のミラーコピー2013.01.23修正
キャラクターの表情づけなどで、右側(あるいは左側)につけた表情を反対側に鏡面コピーするためのスクリプトです

P61:スムージング2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの凸凹を緩和するスクリプトです。

P62:選択の絞り込み2013.01.23修正
ポリゴンメッシュで選択している要素を条件で絞りこみします。

P63:一括ベルト抜き2013.01.23修正
選択辺の数だけ「ループ拡張とベルト抜き」を繰り返して不要なエッジを短時間で取り除くためのスクリプトです。

P64:選択面にポリゴンメッシュを移植2013.01.23修正
弟形状のポリゴンメッシュを、兄形状のポリゴンメッシュの選択面に埋め込んでいきます。

P65:選択頂点の座標を0に2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの選択している頂点の座標(X、Y、Zのいずれか)を瞬時に0に変更するスクリプトです。

P66:選択辺から辺を引き出す2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの選択している辺から左右方向(上下方向)に新たな辺を二つ追加するスクリプトです。

P67:ベンドツール2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの選択部をぐにゃっと折り曲げるツールです。

P68:選択面ごとに拡大縮小2013.01.23修正
ポリゴンメッシュの面編集モードに入り、隣接していない面を二つ以上選択してこのスクリプトを実行すると、選択している面を個別に拡大縮小できるスクリプトです。軸固定オプションで、特定の軸方向にだけ拡大縮小もできます。

P69:選択面の拡張EX2012.04.15追加
「選択範囲の拡大」スクリプトとは少し結果が異なる、選択面拡張スクリプトです。

P70:選択頂点群が中心に来るよう移動2013.01.30修正
選択頂点群の中心がxyz軸の中央に来るようポリゴンメッシュを移動するスクリプトです。

P71:平面形状を円筒化2015.11.24修正
平面状にモデリングしたポリゴンメッシュを円筒状や弧状に変形するスクリプトです。

P72:選択辺のn番目絞りこみ2015.11.04追加
ポリゴンメッシュで選択している複数の辺を、辺の選択順番情報を元に選択を絞りこむスクリプトです。一部の形状を作成する際に作業を効率化できます。

P73:ウェイト値のミラーコピー2016.11.12追加
Y軸を対称軸として線対称にモデルとボーンを作った場合、片方(右側)で調整したウェイト情報を左側に良い感じにミラーコピーしてくれるスクリプトです。キャラクターのウェイト調整で威力を発揮するでしょう。

P74:選択頂点の等間隔配置2017.02.16追加
頂点を三つ以上選択して実行すると、最初に選択した頂点と最後に選択した頂点の間にある頂点が等間隔になるよう位置の調整が行われます。


<線形状・自由曲面編集系>
l1:CP(コントロールポイント)の押し出し2013.01.23修正
上面図から見て傾いてる壁の一部を壁に垂直な方向に押し出しする時に多少は便利なスクリプトです。

l2:断面を始点位置へ移動2011.04.12修正
掃引パスの始点位置へ断面を直行するように移動してくれるスクリプトです。回転パートも追加してますので、配置後に断面の傾きを調整してから掃引ができます。

l3:コントロールポイントの整列2013.01.23修正
shadeのポリゴンメッシュの「整列」ツールと同じような感じで、線形状のコントロールポイントのX座標(あるいはY座標、Z座標)を特定のコントロールポイントと同じ位置にあわせる事ができるスクリプトです。

l4:ハンドル情報の記憶と復帰2013.01.23修正
コントロールポイント移動前に線形状のハンドルの位置を記憶し、コントロールポイント移動後にハンドルだけ元に戻す事によってエッジの立った谷や山が作れます

l5:ハンドルの長さや角度変更2013.01.23修正
線形状のコントロールポイントのハンドルの長さや角度を数値入力して変更するスクリプトです。

l6:自由曲面をまとめる2010.06.12追加
複数の自由曲面を一瞬で一つの自由曲面にまとめるスクリプトです

l7:蛇腹作成支援スクリプト2013.01.23修正
自由曲面内の線形状のうち、奇数番目あるいは偶数番目の線形状を、それぞれ線形状単位で拡大縮小する事によって、蛇腹パイプのようなものを作成するのを支援します。

l8:階段の元2013.01.23修正
線形状から階段状の線形状を生成するスクリプトです。

l9:線形状の繰り返しコピー2013.01.23修正
自由曲面パートには入っていない開いた線形状を選択状態でこのスクリプトを実行すると、指定した回数分線形状をコピーして一つにした線形状を作成します。コピーの際には線形状の始点の位置は、一つ前の線形状の終点の位置までずらされてコピーされるという風になっています。


<レンダリング系およびレンダリング画像編集系>
R1:レンダリング画像のコピーと復帰2010.11.02更新
レンダリング画像をマッピングレイヤーにコピーし、またマッピングレイヤーにコピーした画像をレンダリング画像にコピー(復帰)できます。

R2:ベルベットシェーダー2012.03.30修正
レンダリング後の画像に処理を行う事によってベルベットなどの特殊な材質を表現できます。

R3:ベルベットシェーダーfor basic2012.03.30修正
マルチパスレンダリングが搭載されてないbasicユーザーさん向けのベルベットシェーダーです。

R4:反射グレア2012.03.30修正
反射を設定した物体に映りこんだ発光体や面光源の輪郭にグレアを追加します。おまけでオブジェクトグローっぽい効果も再現できます。

R5:反射グレアfor basic2012.03.30修正
マルチパスレンダリングを搭載していないbasicユーザーさん向けの反射グレアスクリプトです。

R6:グラデーションシェーダー2012.03.30修正
レンダリング後の画像にポスト処理を行って、オブジェクトに特殊な質感を与える事ができるスクリプトシェーダーです。

R7:グラデーションシェーダーfor basic2012.03.30修正
basicユーザーさん向けのグラデーションシェーダーです。

R8:プログレッシブレンダリング2010.11.27修正
レンダリングの繰り返しと平均化を行う事によってパストレーシングのノイズを消すスクリプトです。

R9:リフレクションシェーダー2015.07.17追加
lightprobe系の画像を使って、特定の表面材質に光沢や照明効果を加える事ができるポストエフェクト型のスクリプトです。


<その他>
O1:曲面の分割率を上げる下げる2009.11.02更新
 ブラウザに「>」「<」「@」記号をつけたり削ったりして、選択形状である(あるいは選択パートの下位にある)自由曲面および角の丸め(サブディビ)ONのポリゴンメッシュの分割率を瞬時に変更するスクリプト。ポリゴンメッシュ編集時にも有効

O2:カーソルのクリック位置を変更2013.01.23修正
カーソルのクリック位置(最後にクリックした位置)を指定の座標へ移動したり、頂点位置へ移動したりできます。

O3:パスジョイント複製2013.01.23修正
パスとなる線形状に沿って向きを変えながらオブジェクトを複製できます

O4:スケッチモデラー補助スクリプト2010.12.12追加
スケッチモデラーで出力された形状(線形状の集合体)を、ポリラインに変換してから一つのポリゴンメッシュにまとめてくれるスクリプトです。自動で面を張る機能もあり。

O5:格子作成2013.01.23修正
菓子折りの内部の区切りや、窓やドア・障子の格子の作成を支援するスクリプトです。

O6:相対コピー2012.02.05追加
ポリゴンメッシュの面編集モードに入り、面を二つ以上選択してこのスクリプトを実行すると、最初に選択した面と残りの選択面の相対位置にあわせて、ポリゴンメッシュの真下(弟階層)にある形状(やパート)を複製するというスクリプトです。

O7:本棚作成支援2013.05.30追加
大きさがランダムな本を短時間でずらっと並べるスクリプトです。(マテリアルは設定していません)

O8:選択パートの中心を球の位置へ移動2015.11.25追加
形状の中心を近くのグリッドの交点上に乗せたい時に役に立つスクリプトです。




○製作予定○

以下は製作予定のスクリプト一覧。
あくまでも予定なので実装できない場合もあります。
製作順番は適当に選んで製作予定。
すぐに作って公開するものもあれば、公開されるまでに待たされるやつもあるので、あんまり期待しないで気長に待ってください。
搭載したい機能はあらかた搭載できたと思いますが、スクリプトで実装できそうな機能があれば追加していってshadeをどんどんパワーアップしていきたいと思います。

<ポリゴンモデリング系>

ロフトツール
 断面となる複数の線形状(閉じた・開いた)をパート内に並べて実行すると、断面から立体(ポリゴンメッシュ)を作成してくれるスクリプト。
 線形状は始点の位置やコントロールポイントの数は整えなくてもかまいません。

うまくいかなかったので断念

<自由曲面編集系>


<線形状編集系>


<レンダリング画像編集系>
なんちゃってアンビエントオクルージョン
 マルチパスのZ値と形状ID、表面材質ID、法線情報パスなどを使って、「アンビエントオクルージョンっぽい何か」が実装できないかどうか検討中。どうも必要な情報が足り無さそうで多分無理っぽい。

反射像をぼかす
 マルチパスの反射パスの画像を使って、指定した表面材質と同じ表面材質ID部分の反射像を表面材質の「荒さ」の値に応じてぼかします。ぼかしの方法が違うとはいえ、分散レイトレーシング以外のレンダリングでも反射のぼかしが可能に。滑らかにぼかす以外にも、あえてノイズが出るようにザラザラにぼかすというのも選択可能に。

透過像をぼかす
 マルチパスの透明パスの画像を使って、指定した表面材質と同じ表面材質ID部分の透過像を表面材質の「荒さ」の値に応じてぼかします。ぼかしの方法が違うとはいえ、分散レイトレーシング以外のレンダリングでも透過像のぼかしが可能に。滑らかにぼかす以外にも、あえてノイズが出るようにザラザラにぼかすというのも選択可能に。

画像処理系のやつは上記のを予定していたのですが、スクリプトだと処理が遅すぎて実用的な速度での実装はどうも無理なようです……。


<その他>


欲しい機能でかつスクリプトで実装できそうなのが思いついたら順次追加予定です。

posted by stxsi at 14:59| shadeスクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする