strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2009年11月05日

shade用スクリプト その14(エッジ・バウンダリー選択)

新)エッジバウンダリー選択101229.txt

旧)エッジバウンダリー選択20100131.txt

旧)エッジバウンダリー選択.txt

shade12で使用すると不具合が発生するため、shade10,12両方で正常に動作するよう修正しました。(2010.12.29)
処理を高速化しました(2010.01.31)

使い方はいつも通りスクリプトウインドウにコピペして(以下略)

「エッジループ選択」、「エッジパラレル選択」に続く、辺選択スクリプト「エッジバウンダリー選択」です。

エッジバウンダリー001.png
このように縁(ふち)にある辺(一つの面としか隣接していない辺)を一つ選択状態でこのスクリプトを実行すると…
エッジバウンダリー002.png
のように縁の辺が一気に選択状態になるわけです。

縁以外の辺をクリックして実行しても特に何も起きません。

「エッジバウンダリー選択」スクリプトでは、「エッジループ選択」でうまく選択しきれないような状況(選択したい辺に四角形以外のポリゴンが含まれている)でも、縁の辺ならば簡単にこれで一気に選択できるようになっています。


「エッジループ選択」「エッジパラレル選択」のようにSHIFTキーを押しながら辺を追加選択した場合は、「最後に追加した辺」を探索の開始辺としてくれます。

エッジバウンダリー003.png
SHIFTキー選択で辺を追加選択してから「エッジバウンダリー選択」を実行すると
エッジバウンダリー004.png
という風にどんどん追加していけるわけですね。

shade標準のメッシュツールの「other>稜線の押し出し」を使う際などにこのスクリプトを併用すると作業効率がアップするのではないでしょうか。

エッジバウンダリー005.png
「エッジバウンダリー選択」でさっと選択し、
エッジバウンダリー006.png
「稜線の押し出し」で押し出してみました。
「ポリゴン面の押し出し」とはまた違った形状が作れます。
posted by stxsi at 17:29| shadeスクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする