strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2009年12月12日

shade用スクリプトその27(指定位置で分割)

新)指定位置で分割20130123.txt

旧)指定位置で分割120330.txt

旧)指定位置で分割111210.txt

旧)指定位置で分割110412.txt

旧)指定位置で分割101229.txt

旧)指定位置で分割20100303.txt

旧)指定位置で分割20100205.txt

旧)指定位置で分割.txt

<重要>上位パートに変換がかかっている状態で、かつ一時ローカル座標モードかろくろモードONの状態でスクリプトを実行すると、「スクリプトの処理結果をキャンセルした際」に形状が破壊されてしまう不具合を修正しました。(2010.03.03)
修正前の旧版をお使いの方は不具合を修正した新版をダウンロードしなおしてください。
(メッシュツールプラスウィジェットでスクリプトを利用していた方はメッシュツールプラスの最新版をダウンロードしなおしてください。)
shade13.22にあわせて修正(2013.01.23)
shade13.01に対応(2012.03.30)
shade12.1で結果が更新されない不具合を修正(2011.12.10)
shade12.02に対応(2011.04.12)
shade12で使用すると不具合が発生するため、shade10,12両方で正常に動作するよう修正しました。(2010.12.29)

内方面検出機能を追加しました。(2010.02.05)


ポリゴンメッシュの(一部の)交差方向を指定位置で分割できるスクリプトです。
なお、ローカル座標モードや、上位のパートに変換マトリクスがかかっていると結果が不正になる場合があります。

*処理確定後に内方面が検知された場合は、「内包面を選択状態にする」「内包面を削除する」「何もしない」の三種類から内包面の処理を選択するようになっています。
(「内包面」についてはこちらの説明をご覧ください。)


指定位置で分割001.png
今回の例では上面図(横軸がx、縦軸がz)で作業しています。
ポリゴンメッシュを選択し、辺編集モードで辺を一つだけ選択します。
次に、辺ではない場所で切り込みを入れたい位置を透視図以外でクリック(CTRLやCOMMANDキーを押さないで)します。
(透視図でクリックすると、思った場所に切り込みを入れられません)
*ラージカーソルをONにするとカーソルの上下左右方向にラインが描画され、切り込み位置がわかりやすくなります

この「指定位置で分割」スクリプトを実行すると…

指定位置で分割002.png
最初にエッジのパラレル選択(リング選択)処理が行われ、その後に参照座標を聞いてくるダイアログが表示されます。
今回の例では「最初に選択した辺」と「ラージカーソル(クリック位置)の横のライン」が交差する場所に切り込みを入れたいため、参照座標は「Z座標」を選択します。

指定位置で分割003.png
すると上記の通りにポリゴンメッシュの交差方向に切り込みが入れられるというわけです。


指定位置で分割004.png
「距離」ではなく「比率」で切り込みを入れますので、上記のような場合は
指定位置で分割005.png
となりますのでご注意ください。


最初のエッジパラレル選択処理の際に「四角形以外のポリゴンのところで止まってしまう」というのは「指定数で分割」スクリプトなどと同様です。
指定位置で分割006.png
指定位置で分割007.png

posted by stxsi at 16:40| shadeスクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする