strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2010年01月26日

shade用スクリプトその36(一点に収束閉じ)

一点収束閉じ.txt

5角形以上のポリゴンメッシュに対応していないソフトウェア(comicstudioなど)に形状を渡す前に、手動で一点に収束して面を閉じる作業を効率化するスクリプトです。

一点収束001.png
上記のようなポリゴンメッシュがあったとします。
天板部分は16角形ポリゴンとなっているのですが、コミックスタジオなどで読みこむと五角形以上のポリゴンには対応していないため穴があいてしまいます。

そのようなソフトにデータを渡す場合は一点に収束して閉じたりするのですが、

1・面を選択
2・面を内部方向に押し出し
3・頂点選択モードに移行
4・選択されている頂点を一点に収束
5・頂点をマージ


という5段階のステップを踏むので少し手間がかかります。
しかし、面を一つだけ選択した状態でこのスクリプトを実行すると一瞬で一点収束で閉じてくれるというわけです。

一点収束001.png

一点収束002.png

なお、動作するのは面選択モードで一つの面を選択してる場合のみです。
複数の面を一度に選択している場合は動作しません。

スクリプトを実行した後に、やっぱり元に戻したくなった場合は、追加された頂点まわりの面を選択して、shade標準の「面のマージ」を行ってください。

posted by stxsi at 18:38| shadeスクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする