strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2010年03月01日

shade用スクリプトその54(ガイドラインムーブ)

新)ガイドラインムーブ20130123.txt

旧)ガイドラインムーブ120330.txt

旧)ガイドラインムーブ110412.txt

旧)ガイドラインムーブ2010303.txt

旧)ガイドラインムーブ20100301.txt

<重要>上位パートに変換がかかっている状態で、かつ一時ローカル座標モードかろくろモードONの状態でスクリプトを実行すると、「スクリプトの処理結果をキャンセルした際」に形状が破壊されてしまう不具合を修正しました。(2010.03.03)
修正前の旧版をお使いの方は不具合を修正した新版をダウンロードしなおしてください。
(メッシュツールプラスウィジェットでスクリプトを利用していた方はメッシュツールプラスの最新版をダウンロードしなおしてください。)

shade13.22にあわせて修正(2013.01.23)
shade13.01に対応(2012.03.30)
shade12.02に対応(2011.04.12)



前回の「ガイドラインスケーリング」スクリプトは「スケーリングの中心位置」を設定してそこを軸にガイドラインに従って拡大縮小変形を行うのに対して、この「ガイドラインムーブ」スクリプトは中心位置を設定せず、ガイドラインに従って選択頂点を移動変形するというスクリプトです。

ガイドラインムーブ001.png
とりあえず上記選択頂点を移動変形してみます。

ポリゴンメッシュを一つ選択し、編集モードに入り、頂点を選択してから、この「ガイドラインムーブ」スクリプトを実効すると、まずガイドラインを作成することになります。

ガイドラインムーブ002.png
「X軸と平行」「y軸と平行」「z軸と平行」でガイドラインの軸を選択します。
指定した軸に平行なガイドラインが作成されます。

「ガイドラインの位置」は、デフォルトの「選択部のやや外」でいいと思いますが、もしオブジェクトと重なってしまった場合は「オブジェクト全体のやや外」にした方がいいかもしれません。
ただし、選択部に対してオブジェクト全体のサイズが大きい場合は「オブジェクト全体のやや外」にすると選択部とガイドラインがかなり離れてしまう場合があります。


ガイドラインムーブ003.png
ガイドラインの軸を「X軸と平行」で作成してみました。
上面図で見て下の方にガイドラインと、同位置に基準線が作成されました。

今回は選択頂点をZ軸方向に移動するため上面図でガイドラインを変形しますが、選択頂点をY軸方向に移動する場合は(ガイドラインの軸がX軸の場合は)正面図でガイドラインを変形してください。
(ガイドラインの軸がY軸の場合は正面図でガイドラインを変形するとX軸方向に選択頂点を移動でき、側面図でガイドラインを変形するとZ軸方向に選択頂点を移動できます。
ガイドラインの軸がZ軸の場合は上面図でガイドラインを変形するとX軸方向に選択頂点を移動でき、側面図でガイドラインを変形するとY軸方向に選択頂点を移動できます。)

ガイドラインムーブ004.png
上面図でガイドラインをこのように変形してみました。
わかりやすいように基準線(開始線)を赤く色づけしてみました。
「ガイドラインムーブ」では基準線との差異を元に頂点を移動します。

ガイドラインの変形が終わったら、編集モードから出ずにブラウザで元のポリゴンメッシュを選択します。

ガイドラインムーブ001.png
選択していた頂点がハイライト表示されますので、この状態で「ガイドラインムーブ」スクリプトを再実行。

ガイドラインムーブ005.png
「変形を行う」を選択。

ガイドラインムーブ006.png
「ガイドラインムーブ」スクリプトの場合は設定項目は「ガイドラインの分割数」のみです。
この値が高いほどより精度が増しますが、計算時間も延びます。

とりあえずデフォルトの1000で実行してみると……。
ガイドラインムーブ001.png

ガイドラインムーブ007.png
となりました。

ガイドラインムーブ008.png
上面図で見ると選択していた頂点がガイドラインの形に従ってZ軸方向に移動しているのが確認できると思います。


posted by stxsi at 17:15| shadeスクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする