strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2010年10月07日

shade用スクリプトその69(うずまきツール)

新)うずまきツール20130123.txt

旧)うずまきツール120330.txt

旧)うずまきツール110413.txt

旧)うずまきツール.txt

shade13.22にあわせて修正(2013.01.23)
shade13.01に対応(2012.03.30)
shade12.02に対応(2011.04.13)



ポリゴンメッシュで現在選択している頂点を、指定の位置を中心に回転します。
回転の中心から離れた頂点ほど回転量が落ちていき、最外周では回転量は0となります。

とりあえず下準備でテスト用の形状を作ってみます。

うずまき001.png
「作成>円」で上面図で円を作成。

うずまき002.png
「変換>ポリゴンメッシュに変換」で分割数32のポリゴンメッシュに変換しました。

うずまき003.png
面選択モードに切り替えた後、面を選択。

うずまき004.png
「1点収束閉じ」スクリプトで上記のように真ん中で閉じます。

うずまき005.png
辺編集モードに切り替えた後、中心に向かってる辺のうちの一つを選択し、「極周辺で分割」スクリプトを起動して、分割数16で分割してみました。

うずまき006.png
面選択モードに切り替えて、いくつかの面を選択

うずまき007.png
この前作った「選択の拡張(回転)」スクリプトで、選択面を拡張。(45度)

うずまき008.png
キーボードのdelキーを押して、選択面を削除。
下準備完了です。

うずまき009.png
頂点選択モードに切り替えた後、全ての頂点を選択しました。
今回は全ての頂点に処理を行いますが、動かしたい頂点のみ選択してスクリプトを実行してもかまいません。
で、この「うずまきツール」スクリプトを起動。

うずまき010.png
スクリプトを起動すると上記のようにダイアログウインドウが開きます。

「回転の中心」は選択頂点を回転する際の中心位置を設定します。
「選択頂点を囲むバウンディングボックスの中心」か「弟階層にある円か球の中心」を選択してください。
後者を選択した場合は、弟階層(真下)に作成した円あるいは球の中心を中心位置として回転処理します。
(弟階層に円あるいは球が存在しない場合は、「選択頂点を囲むバウンディングボックスの中心」が回転の中心となります。)

「回転軸」の設定により、先ほど指定した中心位置を通って、ここで指定した軸と並行な軸まわりに回転します。 今回は上面図で円を描きましたので、「Y軸と並行」を選択しました。

「角度」は回転の角度を指定します。-360度から360度までの値を入れられます。

うずまき011.png
で、「角度」を90度で実行した場合は上記のような結果になりました。
中心の回転量は90度(反時計まわり)となっており、中心から離れるにつれて回転量が落ちていき、最外周の頂点では回転量が0となって回転してません。

posted by stxsi at 19:30| shadeスクリプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする