strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2015年11月24日

円筒化スクリプトを使った形状作成(shade)

haizara001.jpg

正面図で、こういう線形状を描きます。
後で円筒化するので、全てのコントロールポイントのZ座標値は0にし、また始点のコントロールポイントのX座標値は0にしておきます。。


haizara002.jpg
線形状の繰り返しコピースクリプトで、先ほど描いた線形状をこのように繰り返しの線形状に変化させ、

haizara003.jpg
自由曲面パートを作ってその中に入れ、Y座標下方向へ線形状を複製。

haizara004.jpg
下の方の線形状については、Y軸方向に0に縮小して平らにします。


この後はポリゴンメッシュ化してからスクリプトで円筒化するのですが、滑らかな円筒になるようポリゴンメッシュ化の際には左右方向への分割数を高めにしておきます。


haizara005.jpg

haizara006.jpg
円筒化スクリプトに最近追加した「円の半径にあわせる」オプションを使うため、上面図で原点を中心に円を作成。
このオプションを使うと、この円の大きさにあわせる形で円筒化処理がされます。

haizara007.jpg
「平面形状を円筒化」スクリプトで円筒化。

haizara008.jpg
meshtoolplusウィジェットにも収録している「厚みをつける」スクリプトで法線方向に厚み付けで完了。


厚みを付けた筒をブーリアンでくり抜く事でもこういう形状は作れますが、今回やったような手順の方が綺麗なポリゴンの流れになるかと。
ブーリアンでくり抜く場合、ブーリアン処理が失敗して形状の一部に穴が空いたり、四角ポリゴンでない箇所が結構できたりしますが、今回のような手順だと全てが四角ポリゴンで構成されています。


同じような手順で、こういう形状とかも作れたりします。

haizara009.jpg

haizara010.jpg


posted by stxsi at 13:48| shade | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする