strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2015年12月03日

shadeのトゥーンレンダリングで強化すべき点

shadeのトゥーンレンダリングでは

toonsoftness001.jpg

こんな感じで、色の境界がはっきりしたアニメのセル風の塗りはできます。

もし、トゥーン設定の「塗り」タブの「陰」カテゴリのオプションの中に「境界のソフトネス」みたいな数値形式のスライダーを新たに追加し、その値が0より大きい場合は

toonsoftness003.jpg

こんな感じで色境界がぼけた感じで混ざってくれるようになると、もっとやわらかなアニメ調の絵やイラスト調の絵になって良いのですがね。

「境界のソフトネス」の値が大きいほど、
toonsoftness002.jpg
みたいに、より滑らかなシェーディングになるようにして。

lightwave用のトゥーンレンダリングプラグインのunrealとかは、境界のソフトネス機能があって、より豊かな表現ができたります。

「境界のソフトネス」オプションは、今後のshadeにも是非実装してもらいたい機能のうちの一つだと思います。


日本においては、アニメやイラスト調の絵がわりと受けがいいので、トゥーンレンダリング機能の強化って、新規ユーザーやバージョンアップユーザーを増やす事にもつながり、メーカーにとっても利益増を狙える要素だと思うんですがね。

また、今の時代は私が持っているstandard版だけでなく、basicバージョンにももうトゥーンレンダリング機能はそろそろ実装すべきかと。次の16あるいは17とかで。
basicに標準搭載しない場合も、マーケットプレースでトゥーンレンダリング機能を3000円〜4000円くらいでbasicに追加できるようにしたりして。

安いbasicでもトゥーンレンダリングができるようになれば、shadeのトゥーンレンダリングを使ってブログやイラスト投稿サイトにshadeで作った絵を投稿する人も増えて、それを見て「ふーん、shadeってソフト良さそうだね」みたいな感じで、多少はユーザー増やす事につながると思うのですが。

posted by stxsi at 11:35| shade | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする