strange items(楽天)


shade10.5〜15用スクリプト(WINDOWS&MAC用)一覧はこちらです。


bannerst.jpg
リンク用のバナーです。
リンクはご自由にどうぞ。

2015年12月04日

shadeのマーケットプレースを活性化させるためには?

メーカーではなく一ユーザーが「shadeのマーケットプレースを活性化させるためには?」みたいな記事を書くのはなんだかおかしいように感じる人もいるでしょう。

でも、マーケットプレースが活性化すると、コンテンツの増加速度がアップし、色々なshade用の素材を無料や有料で入手できるようになります。
有料プラグインとかも売れ行きが良くなり、開発者達ももっとやる気を出して色々なプラグインを作って販売してくれるようになるでしょう。
今のshadeにまだ実装されていない機能については、メーカーさん自身が頑張って搭載してくれるのも期待しますが、サードパーティーが作った有料プラグインでの追加も私はわりと期待しています。
(すでに、ft-labさんとかその他の方が役に立つプラグインを作られていますよね。MASAさんのモーフミキサープラグインもマケプレでの販売開始を待ってたりします。)

また、マーケットプレースでコンテンツが充実するとshade自体の売れ行きも多少はアップする事に繋がり、それは「開発費が増える」事になり、次やその次のバージョンで追加される機能ももう少し増えると思うのです。

そういう意味でも、マーケットプレースはもっと活性化してもらいたい。


マーケットプレースは現段階では、残念ながらあまりコンテンツが揃っていません。

コンテンツを充実させるには、「簡単な素材でもアップしても良い」みたいな雰囲気にして、素材出展者を増やすと良いと思うのです。
わりと完成までに時間のかかる素材ではなく、それこそ「テクスチャ一枚」とか「メカ向けのちょっとしたパーツ」程度みたいな物でもマーケットプレースにアップしても良い風にすると。

MODOにも表面材質やテクスチャ、背景用HDRI画像、メッシュなど、色々な物をユーザー間でシェアできるサイトが作られています。

MODO comunity asset site

このサイトはコンテンツがかなり充実していますが、おかげでアクセス数もかなりあると思われます。
コンテンツが充実しているのは「簡単な素材でもアップしても良い」からです。(もちろん、手の込んだ素材もアップされてますが)
MODOの方は、「materials(表面材質ファイル)」「environments(背景用画像)」「meshes(形状ファイル)」「items」「assemblies(ノードとか色々)」「profiles(プロファイルアイテム)」「images」「scripts」「scenes」と、カテゴリ分けされています。

このサイトを見て良いと思った部分はshadeのマーケットプレースも積極的に取り入れてみるべきでしょう。

今現在のshadeのマーケットプレースは、「コンテンツ」と「スクリプト」「プラグイン」という三つのカテゴリに分かれていますが、もっと簡単な素材も一つずつアップしても良い雰囲気にするように、

「形状ファイル(shdファイル)」(シーンファイルやアイテムファイルはもちろん、表面材質無しの簡単なパーツ素材もokにする)
「表面材質用テクスチャ(画像ファイル)」
「表面材質ファイル(sfcやshdsfcファイル)」
「背景用画像(画像ファイル)」
「スクリプト」
「プラグイン」

と、六つのカテゴリに変更すべきではないでしょうか?
現状の「コンテンツ」に登録されている素材については、「形状ファイル」カテゴリに割りふるようにして。


こういう風にカテゴリ分けすれば、「簡単な素材でもアップしていいのなら、自分もテクスチャや表面材質ファイルをどんどんアップしようかな」という感じで参加者が増え、日々コンテンツがどんどん追加されていくでしょう。

また、メーカーのスタッフさん自身も今現在いくつかコンテンツをアップされていますが、「テクスチャとか表面材質ファイルなら、簡単に作れる」と、メーカースタッフさん自身が毎日コンテンツを追加していけるようになりますよね。
今の「コンテンツ」カテゴリだと、「テクスチャのみ」とか「表面材質のみ」とかはアウトな雰囲気がして、ユーザーはもちろんメーカーさん自身もそういうファイルはアップしてはダメなのかな、みたいな雰囲気に陥ってしまってると思います。
実際は、テクスチャとか表面材質ファイルは、こういったストアでやり取りできるようになると、かなり助かると思います。


マーケットプレースを活性化させるには「より多くの人が来るサイト」になるようにすべきで、そのためには「コンテンツの充実」は不可欠です。
「簡単な素材でもアップしても良い」ようになれば、自然とコンテンツも日々どんどん追加されていって充実し、おかげで人が多く来るストアになり、有料の素材の売れ行きも伸びるでしょう。
そうすると、有料素材の作者や、ストア管理者に入ってくる金も自然と増加すると思われます。


私自身は、今現在マーケットプレース参加に向けて時間の空いた時にコンテンツを少しずつ作っていってるのですが、これが完成までにそこそこ時間がかかってしまうと思われます。(他の事にも結構時間を取られてしまっており)
しかし、もし「テクスチャ一枚」とか「簡単な形状でもアップしてok」みたいになったら、すぐに参加して、時間の空いた日などにテクスチャ素材や、簡単な家具アイテム、背景向けにトリムした木の画像など、そんな感じですぐに作れる素材をどんどんアップしていって、マーケットプレースのコンテンツ拡充に少しでも貢献できたらと思っています。
(家具については、今のストアでも、いくつかセットにしたのを販売できると思うのですが、できれば簡単な家具を一個単位でアップしていきたい。その方が作る側としては、あまり気負わなくても良くなるので。テクスチャを設定していない家具とかも。)


ついでですが、トップページには新着アイテムをカテゴリごとに表示した上で、各カテゴリごとに「アイテムを一覧表示するページ」はまた別に作って欲しいですね。
今現在はトップページに全て表示する方式になっていますが、コンテンツが増えるとこれはやや使いにくくなると思います。

トップページの改修は、コンテンツが増えてからでも良いとは思いますが、カテゴリを現状の三種類から六種類に拡張する事についてはできるだけ早く行い、素材出展者を増やすように仕向けた方がいいと思われます。


posted by stxsi at 19:52| shade | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする